2015年9月10日 星期四

捏造された僕たちへ、その一


アルバムカバー(仮)
イラスト:COLN

中国語原文:致那些被捏造的我們,其一

訳者:Kinra


特に物語を難しくするつもりは無いんだけど、感じることができても自分じゃあ書けない、みたいなことはあるよね。 子供の頃は誰もかもデタラメに空想していたけど、大人になると、「現実」というものに触れて、解っていくものです。それはどんなに豊かな感性を以ってしても変えられない、揺るぎの無い中立的現実。そしてそういう現実もやがて星の巡りと共に変わっていくと理解した瞬間、この宇宙は僕たちの想像できる以上に摩訶不思議なものであると感じてしまう。『捏造された僕たちへ』は、より高い視点から自分自身、そして周りの状態を観照する試みです。僕は映画『インターステラー』みたいな見方が好きです。この宇宙というゲームの中で僕たちはまだ最初の村すら抜けていないかもしれないけれど、人間のちっぽけさと一種の必死さを、切実に感じることができると教えてくれるから。 宇宙と歴史から抜けられる人間はいない。 消えていく一瞬一瞬と共に、宇宙を一つの家族として見ようとしていけば、もしかすると人々はもっと遠くへ行けるようになるかもしれない。 かなり昔のSF漫画で、こんな話があった。人類という種が老年期に入って、地球周辺にある居住、到達や植民が可能な星が全部開発し尽くされ、故郷という概念がとっくに地球レベルを超えていた時代。不思議なことに、そんな「地球=故郷」という意識が希薄になっていたはずの環境なのに、数千年の発展と銀河植民の末、出生率は低下し、イノベーションは行き詰まり、人類は銀河旅行に興味を失くしてしまうのだった。結局人類は開発した惑星を捨て、次々と地球へと帰ることに。最後には、一人の老人だけが離れることを拒み、移住者たちの帰郷を眺めつつ、誰もいなくなった惑星に残り続けた。六千年前のとある曲を聴きながら・・・。 この話は大好きだった。そして意外にも、記憶の中にずっと残っていた。 人はささいなことでも覚えたりする、ということです。 僕に精一杯出来ることは、この世界を描写することだろう。そしてたまたま音楽が、僕の一番うまくやれることだったんだから。 (続く)
張貼留言